グルメ

2012年12月19日 at 12:02 AM

虫がいる栗といない栗の選別方法

1.バケツに水を入れ、栗を中に漬ける

浮いてきたものは虫(ゾウムシ)が中にいる可能性があります。

もしくは十分に熟してなくて実が詰まってない、古くて乾燥しているなどの欠点があります。

 

身がしまった栗は重くて沈みます。沈んだ栗のみを選り分けます。

 

 

 

2.外観で穴が開いていないかどうかを見る

上記でついた水滴を手ぬぐいでふき取りながら表面を磨きます。

同時に穴が開いてないかどうかチェックをします。

農家では、同時にサイズ別の選り分けも行います。穴が開いた虫食いの栗は、焼いて堆肥に混ぜ土に還します。

 

3.乾かす

水洗いの終わった栗を乾かしています。
ダンボールの上に栗を並べて、その上からいらなくなった厚めの布などを被せて水けを切り、扇風機で充分に乾かします。

 

4.収納する

新聞紙で包み、収穫日を書いたメモを張って冷蔵庫に保存します。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!