グルメ

2013年3月18日 at 6:01 AM

新・黒沢 ~ 福本伸行先生最新作のお知らせ!

書き散らかして最後まで締めない作品が多い福本氏。どうした鷲巣!?

福本00

 

「最強伝説黒沢」とは、冴えない中年男が、自分の人生の浅さに気づき、突如人望を集めようと泥のようにあがく人生ストーリーです。有名なのはアジフライというストーリーでしょうか。

 



アジフライ

友達もいない、恋人もいない黒沢はせめて職場で人望を集めたいと思います。

現場で毎日支給されるお弁当に少々物足りなさを感じていました。

そこである日、「そうだ!この弁当に全員分さりげなくアジのフライを詰めれば気が利く男をアピールできるのでは?」と思い立ちます。

決行の日のお弁当を事前にチェックするとカツ弁当。しかし「カツにアジ!揚げ物のパラダイス!この豪華さならみんな話題に挙げないことがないだろう!」と自信を強めます。

しかし・・・気づかない・・誰も気づかない・・・そこで自分から

福本01

具のチョイスが絶妙な・・・

コロッケ、ハムカツなどが思いつきますが、トンカツとかぶらずに豪華な装いの庶民の懐に優しい食べ物アジフライ。福本先生ならではのベストチョイスでした。

福本02

福本氏の珍しい女性画

 

 

黒沢に似ている不器用な芸人中田あっちゃん

オリエンタルラジオの中田敦彦さん。人見知りで芸人仲間とうまく馴染めないのに日頃から悩んでました。

ある日土田晃之さんが先輩芸人に「あ、ちょっとタバコ1本もらっていいですか?」と話しかけてそのまま話し込む姿をみかけ、「お?この路線でいけば・・・」と分析。タバコは吸えないものの先輩芸人の楽屋に挨拶しにいった際に同じような感じで「あ、お茶1本いただいていいですか?」と話しかけるようにしていた時期があったようです。

 

しかし元々人と駄話をすることが苦手なあっちゃんは、お茶をもらった後、特に話し出すことはなく、「ふー、うまいですー」の一言くらい。結局うまく話を盛り上げることができませんでした。

 

ひととおりこの手口で話しかけて、色良い反応を示してくれた人と仲良くすることにしたあっちゃんですが、爆笑問題大田光さんの反応には迷ったそうです。

 

クリームシチュー上田晋也さんのように「あ?」のヒトコトで追い出された感じではなく、何回通ってもそのままずっととがめられはしませんでした。

でもとある日、やはり沈黙が続くと気まずいのもあるのかふと・・

お前さぁ・・・楽屋くるときに、話すネタ1つでいいから用意していけよ?

 

元々非常に気遣いができ、サービス精神が旺盛な太田さん、あっちゃんの気持ちは従々気がついていたそうです。他でも同じようなことやってるんじゃないかと思い普段から気にしていたそうです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!