生活

2013年5月29日 at 2:57 AM

中国でエレベーター事故 女性が降りようとした瞬間にエレベーターが落下し胴体切断の模様が動画で公開される

http://www.56.com/u39/v_OTEzMDkwOTI.html

 

2013/5/22 新華社 中国深セン市、女性看護婦がエレベーター事故で死亡、当局は一斉調査開始

 

先頃、中国・深セン市羅湖区でエスカレーター・エレベーター事故が相次いで発生した。4月17日には「東門迪可可児童楽園」のエスカレーターで人身事故、 4月24日には人民南天橋のエスカレーターで人身事故、5月15日には桂園街道の長虹ビルのエレベーターで死亡事故が起きている。「深セン市市場監督管理 局」は17日に事故原因を公表し、15日以内に市内10万台の全てのエレベーターに対して、全面的に安全点検を行うよう指示を出した。北京青年報が伝え た。

 

 

5月15日に発生したエレベーター死亡事故で、問題となったエレベーターは
1992年に出荷、1994年に登記・使用され始めた三菱製SP-VF型エレベーターである。
深セン市市場監督管理局の関係者によると、5月15日に事故を発生したエレベーターは、
ほぼ19年間使用され、老朽化が進んでいた。また、点検でエレベーターの
ブレーキシャフトに潤滑油が付着し、潤滑油がブレーキドラムとブレーキシューの間に
染み込みやすくなり、危険な状態となっていた。

 

 

女性が降りようとしたタイミングでエレベーターが落下。片足と上半身だけ外に出た状態でそのまま下降する。

女性

瞬間エレベーター内の人が助けようとエレベーター側に出た片足部分をつかんで引っ張ろうとしたが、そのまま胴体が千切れ下半身と頭部がエレベーター側に落下。しばらく動転してつかんでいたが、エレベーターが開くと、女性を床に置いてエレベーターから出ている。

女性02

 

ドアの開閉センサーはついておりモーターは動作しなかったものの、ブレーキが老朽化により滑ったことで今回の事件が発生している。メンテナンスの問題と言える。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!