グルメ

2013年9月2日 at 8:53 AM

ふぐの子の粕漬け|ふぐの卵巣の漬物が毒が消えている訳

味はカラスミ。

ふぐ

 

2008/5/28 Yahoo!知恵袋 猛毒のフグの卵巣は漬物にする事でなぜ?毒が抜けるのですか? でも食べてみたく…

10年以上前、金沢行った時におみやげで買って来て食べたことあります。

買った店の話では糠に2~3年漬けて置くと微生物の働きで無毒化して、
食べれるようになるとか言ってたような憶えがありますが、
作ってる所のホームページ見ると、半年だか塩漬けして水抜きと毒だししてから
1年くらい糠漬けするみたいです。

それで肝心な味はと言えば、
無毒化されてるとはいえ、微妙に舌にピリっと来るような来ないような(笑)
美味いというか、初めて食べる人にはスリルのある珍味ですね。

個人的にはその時一緒に買った「ゴリの佃煮」の方がずっと美味しかったな。

 

 

 

フグ毒テトロドトキシンは煮たり焼いたりしても分解されない。結局よく洗って毒の濃度を減らしているから毒が抜けている。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!