グルメ

2013年10月9日 at 8:39 PM

メキシコ元祖シーザーサラダの古式ゆかしいレシピ

2013/10/9 世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? – フジテレビ

 

 

1924年、メキシコティワナのレストランで、シーザー・カディニ(Caesar Cardini)さんが、独立記念日の週末
、食材が売り切れ、残った材料で客の前でサラダを作ったのが始まり。

シーザーサラダ

 

現在でも客の目の前で作る。材料と木製のボウルを載せたワゴンで登場し、卵、ガーリック風味のクルトン、パルミジャーノを加えて作る。

カルディニ

 

 

1.アンチョビペースト、ニンニク、マスタードを木製のボウルに入れて混ぜる。

 

 

2.1分間さっと茹でて冷水で冷やした卵「coddled egg(コドルド・エッグ)」の黄身部分を加えて混ぜる。

 

 

3.ライムを垂らし、ウスターソース、パルミジャーノチーズを投入。とろみがでるまで和える。

 

 
4.ここでローメインレタス投入。ソースに絡めたら白い中皿の上に輪切りにしたフランスパンと一緒に添えてクルトン、パルミジャーノチーズを振りかける。

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!