グルメ

2014年5月11日 at 4:57 AM

山下おいり本舗さんの幸せパック おいり|1587年頃に出来たのに食感が新鮮なお菓子

2014/5/4 月曜は夜更かし

 

 

夏目読み中に

マツコ「すごい・・すごいわこれ・・ザワザワ」

有吉「ふわふわしてる!?」

おいり01

 

夏目「どう思いますか?どう思いますか!」

マツコ「なんかすごいよね!なんだろうこれ?」

有吉「味はひなあられみたいな。軽さにびびるよ?」

有吉「何回食べても初めて食べた時の驚きがある」

マツコ「まったく感動が薄れない。わたしもう15粒くらい食べてるけど。うすれない!」

有吉「チラッ?(to 夏目)」

夏目「(怒) ・・・結構長文だったんですよ?」

マツコ「でも私ちゃんと聞いてたよ?」

夏目「・・・有吉さんまだ召し上がるんですか!」

有吉「すごいよ?」

マツコ「1個食べてみな?お母さんすごいね!これねっ!」

夏目「!?・・・ふぁぁあ!!!すごいですね!これ!!(笑顔)」

おいり02

 

 

マツコ「想像する歯ごたえがないから、カクってくるよね!なんか。これなんてお菓子?」

スタッフ「香川のおいりっていう。」

夏目「見せてもらっていいですか!?山下おいり本舗さんの幸せパック おいり 291円。始まりは1587年ごろ。」

有吉「そんな古いものが今食っても新しいんだよ!楽屋にあったらずっと食っちゃうね。」

マツコ「お母さん!これ今日緊急事態だから下げて。」

マツコ「ナイスチョイスだわ。いいの選んだ!」

有吉「時給アップな?」

マツコ「時給じゃねーよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!