園芸

2014年7月26日 at 5:36 AM

バラとかクラピアとか種苗法が怖いわな|勝手に増やすと罰せられる

716 名前:花咲か名無しさん :2014/07/24(木) 12:03:39.32 ID:BgOf4rZu
(株)グリーンプロデュースさんのチラシにはこう書いてある。無償でもアウトのように読めるクラピアは品種登録されておりますので、許可なく無断で増殖したり、植えた後に増えた苗を切り取って
譲ったり、販売したりすると、種苗法に触れ、罰金・懲役刑が発生します。
よろしくご理解のほどお願いいたします。

 

718 名前:花咲か名無しさん :2014/07/24(木) 21:56:50.67 ID:kavAWoJa
え~これは『種苗法違反になる』です。仮に自分の土地が離れたところに複数あった場合に、移しかえても種苗法違反になります。

厳密にはね。

 

720 名前:花咲か名無しさん :2014/07/25(金) 01:01:56.74 ID:2N2IaS3C
>>714
種苗法には、「10年以下の懲役または1千万以下の罰金、場合によりこれを併科する。」結構、重罪だなやwww

 

種苗法

—-

新品種の保護のための法律で、民法同様権利者とトラブルにさえならなければ罰せられないものです。

 

 

・接ぎ木や挿し木による増殖はNG

栄養繁殖性の植物すべてについて,登録品種の無断増殖が禁止されています。(第二条第4項,第二十一条第3項)

 

 

・交配親に使うのはOK

新品種の育成や試験,研究用として登録品種を使用することに対して育成者権は及ばない(第二十一条第1項)

 

 

 

もし自分でも品種登録したい場合、「明確に他品種と異なる特徴があり」かつ「繁殖してもその特徴が安定して出る」必要があります。

農林水産省に出願・登録依頼します。過去に同じ名前で重複登録されてないかチェックする必要があります。

たとえば斑ものなどの突然変異や安定しない形質は「従属品種」と見なされます。ただし花色の変異など、その植物の主たる見所に関する大きな変異であれば従属品種でも新品種として見なされる可能性があります。

 

 

 

ハオルシアの世界では種苗法の概念はあまり存在しません。ハオルシアにおける品種の定義が「(同好会以上のグループから)物理的な出版物で紹介されていること」という正式なものとは言いがたいものである(商標登録されているものはほとんどない)ため、勝手に名づけても極論問題ない世界なためです。

逆に希少種は表に多く出回らないよう子株など育成主の手で厳密に管理されます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!