園芸

2014年7月30日 at 10:38 PM

ピーマンに切り戻しは必要なの?

31 :花咲か名無しさん:2014/07/29(火) 13:49:15.18 ID:NvhTqHFJ
もう切り戻し剪定したほうがイイのかな?@神奈川県央
色付き始めの実があと2週間くらいかかりそうなんだけど

 

37 :花咲か名無しさん:2014/07/30(水) 15:59:15.98 ID:FSMrk1n/
ピーマン類の切り戻しって秋になってから越冬する株だけにするもんだろ

38 :花咲か名無しさん:2014/07/30(水) 16:03:28.57 ID:umiBbEgL
うちは何にもしなくて越冬したよ

 

—–

切り戻し(ピンチ)は、上に伸びるエネルギーを下部の花や実の成長や分枝に向けるために行うものです。

過熱して消毒したハサミで伸びてきたなと思った上の茎をちょんちょん切ります。

 

 

 

ピーマンの場合、越冬する場合に検討されるもののようですが、やはり体力的なものを考慮するとそのままのほうが良いようです。

2012/2/20 越冬ピーマンの切り戻しについて

 

Aquiya 【関東】 [URL:http://aquiya.skr.jp/] 2012/02/29(水) 13:59:59
こんにちは。
ピーマン、トウガラシは意外に寒さに強く、凍らせなければ低木状の多年草になりますね。
私も何度か(室内で)越冬させています
ただし、室外で越冬させているというのはちょっと珍しいですね。
過去ログを読むとティティさんは関西にお住まいのようですが、零下になることの少ない場所なのでしょうか。

枯れた部分を切ってしまってもまず大丈夫ですが、この時期の剪定は行わないに越したことはないと思います。
切ることのメリットはないと考えていいでしょう。
暖かくなってから必要に応じて剪定を行えばいいと思います。

 

タキイのサイトを参照に。
http://www.takii.co.jp/tsk/y_garden/spring/piment/index.html

 

ピーマンは主枝の8~9節に1番花をつけ、以降、各節に花とわき芽をつける性質があります。地温が低いうち(16℃以下)は、1番花が落花したり、変形果や石果になることがあるので、1番花は小さいうちに摘み取って、草勢を養います
1番花のついたわき芽は強く伸びるので、そのまま伸ばし、それより下のわき芽は早めに摘み取ります。また、主枝の2番花がついた節のわき芽、最初に伸ばした側枝の1番花の節のわき芽も強く伸びるので、計4本を主枝として育て、支柱に誘引します。以降、4本の主枝から出てくる側枝は、3節で摘芯して、上部のわき芽の発生・生長を促します。貧弱で着果しない側枝(無効枝)は早めに間引いて、株全体の日当たりをよくしてやります。
ほかのわき芽は放任しますが、わき芽が込みすぎたら間引きをして株全体の日当たりをよくし、花がつくよう促します。また、1番果を収穫した時、幹につけ てあった葉は摘み取って、株元の風通しをよくしておきます。着果数が多くなって、細い枝が垂れ下がるようになるのを防ぐため、支柱からヒモでつり上げるよ うに誘引し、樹勢の回復を図ります。

ピーマン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!