健康・医療 生活

2015年2月26日 at 5:51 AM

舞妓さんに学ぶ、真夏でも顔に汗をかかない方法

2015/1/27 有吉弘行のダレトク!?

 

 

脇下5cmのところで、紐で胴体を縛ると汗をかきにくくなる。

皮膚圧反射を利用したもので、縛ることで知覚神経を圧迫すると顔に汗が浮きにくくなる。詳しい原理はまだ解明し切れていない。

 

 

例えば左の脇の下を圧迫すると、顔面の左側と左上半身の汗が抑制される。逆に顔面の右側と右上半身の汗は促進される。そして、乳首の上あたりを圧迫すると、脇汗と顔の汗を抑えることができる。つまりその分見えない下半身部分では汗をかいている。

 

 

舞妓はんが、帯をきつく縛るのも、顔に汗が出にくくするため

舞妓

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!