グルメ

2015年5月16日 at 2:12 AM

ぬまづ丼|茶塩と鯵の干物の炊き込みご飯の上に桜海老とみつばのかき揚げをオン

沼津港魚河岸 かもめ丸公式

 

 

さかなや千本一

ぬまづ丼とは、1度に2つの味(正確には3つの味)が楽しめるどんぶりです。

 

茶塩とアジの干物の炊き込みご飯の上に、桜エビと三つ葉のかき揚げが乗っています。

食べるときは、かき揚げをサクサクと砕いて下のご飯と馴染ませて食べます。

ぬまづ丼

 

ある程度食べたら、鯖と鰹の出汁をかけてお茶漬けのようにして食べます。

 

 

どこかで見たことあると思うのは、ひつまぶしです。

 

これの生版(生桜エビと生シラスのどんぶり)もあるのですが、どっちをぬまづ丼として推しているのかはわかりません。提供しているお店は同じです。

 

 

これの鯛メシ版とかどこか作りそうな気が・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!