生活

2015年5月17日 at 3:09 AM

沖縄の亀甲墓を見ると、ブラックジャックを思い出す

2015/5/17 林先生のクイズ!それマジ!?

 

 

林先生が興奮していた亀甲墓。

 

1975/7月に少年チャンピオンで掲載されたブラックジャックの「宝島」というエピソードに「五條ミナ」という女性の名前が出てきます。

 

五條ミナは、少年時代のブラック・ジャックを可愛がってくれた沖縄出身の看護婦。彼女はすでに亡くなっていました。彼女の遺言に従って、ブラック・ジャックは沖縄の伝統的な墓である亀甲墓をある小島につくり、そこに彼女を弔います。

 

「これは亀甲墓と呼ばれている。女の子宮の格好をしているこの地の墓を造ってやった。」

亀甲墓

 

ブラックジャックが今まで法外な額の報酬を請求していたのは、美しい島を残そうとして、ブラック・ジャックが沖縄の島々を買い取るために使っていたこともこの話の中で明らかになります。

 

 

沖縄を愛する手塚治が、五條ミナに沖縄戦で日本軍守備隊看護要員として動因され、多くの若い命を散らせた「ひめゆり」の女学生たちの姿を重ね、ブラックジャックの視点から敬意を払っていたのではないか?と言われています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!