グルメ

2015年6月18日 at 12:50 PM

スシロー、全品「さび抜き」にすることでコストカット

くら寿司では全品さび抜きにすることで、特注の注文を極力減らす方式をとっています。

(さびは自分で醤油皿に入れて溶かす)

ファミリーの利用が多いので、いちいち子供のためにさび抜きを作るなら、逆に大人客がさびを後で足せばいいじゃないという考え方です。

 

 

スシローでもくら寿司を参考に、2015/4あたりから全品さび抜きにしています。

また「回転しないスシロー」である「ツマミグイ」を中目黒にオープンしています。

 

ツマミグイ

東京都目黒区青葉台1丁目30−10

 

 

これは値段制約で出せなかった高級ラインを中心にして提供するためです。これもすし三昧みたいなもので新しい試みではないです。

ただ「前菜ツマミグイ」のみバイキング方式で客自らが取りに行くシステムも設けています。

(つまり、お寿司に使えなくなった切れ端や古いネタを前菜として調理する)

お寿司はいくらなどのトッピング等、多少のカスタマイズも出来ます。アメリカンスタイルの、おしゃれなお寿司が多いです。

女性をターゲットにした、「一人でも入りやすい」雰囲気作りを重視しています。

 

 

「ツマミグイ」の中トロは、一皿850円。サラダは750円。

パック寿司の店なら、1パックで850円で食べられるレベルです。

 

 

スシローブランドがなければ利用されない店なのか?それともチェーン店ならではの大量仕入れでコストを抑えてよりよい素材をお客様に提供し人気が継続して得られるのか?

今後が見逃せません。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!