グルメ

2015年7月3日 at 3:10 AM

築地 うに虎喰の「こぼれウニ丼」|1万円くらいするけど200gくらい国産ウニ乗っている

築地のウニ専門店。

店主の嵯峨彰彦さんが、外国産~国産まで、産地別で10種類のウニを常時用意し店頭に並べている。

食べ比べシステムになっており、お客さんは、この中から好きなウニを5種類選ぶシステム。選んだウニ種で値段が大幅に変わることになる。

 

ウニ

国産ウニ こぼれ丼 9,331円

 

 

ウニだと思えないと食欲をそそるフォルムではない。公衆便器にしか見えなくなる。

 

 

国産チョイスの最高選択だと、紫ウニなどが合計200g乗るどんぶり。

上に卵の黄身を乗せ、塩昆布と長ネギが添えられている。

国産のみをチョイスした場合はこの値段だが、回転すしレベルの中国産(並)を混ぜれば2300円くらいになる。ただしボソボソして美味しくない。

 

 

お好みで焦がしバター醤油をかけたり、ウニを炙ったり、いくらと合わせたりも可能。

 

 

うに丼だけでなく、ウニ寿司や黄金うに飯と呼ばれる五目ウニ飯もあります。

 

 

 

値段が高いので行列は出来ないが、相応以上のすごいウニが食べられる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!