観光

2015年7月3日 at 8:35 PM

島崎和歌子、京都市伏見区・伏見稲荷大社の親切過ぎる住職にキレる

2015/7/3 ビートたけしのいかがなもの会

 

 

和歌子「京都に行ってきたときにお参りをしてきました。

そこは蝋燭を買って立てると、商売繁盛・子孫繁栄(結婚)に繋がるというので、蝋燭を買ったのですが、その後どうすればいいかわからなくて悩んでいたら、神社のじいさんが出て来て、お教えしましょうと言ってくれました。

 

1本・・・1本・・とこうやるんです。と・・・全部やってしまいました。

え!それじゃ私の願い事はどうなるのって。でももう1回買ってやりますとは言えなくて、全然願い事叶わないじゃない!と心の中でキレました。」

伏見稲荷

 

 

2012/10/29 Yahoo!トラベル 子授祈願で、京都の伏見稲荷が有名と聞きました。

伏見稲荷大社の、お産婆稲荷ではないかと思います。
伏見稲荷大社を回られて、最後。
本殿の左側です。

回りに12ヶ所の狐穴があり、拝殿に向かって左から時計廻りに1月穴~12月穴となっています。
ろうそくを献燈し、拝殿にお祈りをし、予定産み月の狐穴に祈願すると、無事、安らかに産まれると昔から言われているそうです。
ろうそくや、子宝・安産の「お守り」「絵馬」、祈願・お礼の「鳥居」「安産帯」などを授けてくださる、お産場茶屋が、神蹟前にありました。
もしかしたら、産湯神社は、同じところでしょうか…

知り合いは、ここでろうそくを貰って献燈し、小さくなったろうそくを代わりに持って帰ってきました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!