事件

2015年7月9日 at 12:27 AM

館林市多々良川女性死体遺棄事件|萩原孝さんを殺したと思っていた知人(43)も同時期に死体となっていた

群馬県館林市日向町の多々良川で2015/4/15、萩原孝さん(84)の死体が発見された事件。

 

 

萩原さんは2015/3/25から行方不明になっていた。群馬県警は死体遺棄容疑で館林署に捜査本部を設置。萩原さんと同じ日から行方が分からない40代の女性が何らかの事情を知っている とみて捜していた。

萩原さんの行方が分からなくなった後、金融機関の口座から多額の現金が引き出されており、金融機関の防犯カメラには、
萩原さんとは別の女性の姿が映っていた。

 

 

萩原
なお萩原さんの遺体には頭に布袋のような物をかぶせられ、首にはマフラーのような物が巻かれていた。目立った外傷はなく、死因は不明。

 

 

2015/3/25事件当日、萩原孝さんは化粧品販売業(ポーラ)で自動車を運転していた(

萩原さんは自宅から自分の車で出ていった

 

そして上司に「宇都宮に出かける」「大口の契約のためちょっといい話しがあったので行って来ます。楽しみにしててね!」と電話で報告し、その後行方不明となっている。

 

萩原さんの手帳の当日のカレンダーには知人女性(43)の名前ではなく、別人の名前が記されていた。

 

 

その後、2015/4/2に知人女性の車が萩原さんの遺体発見現場からかなり近い千代田町の駐車場(人目に付きやすい県道の駐車場)で発見されている。

 

地元の人「なんであんなのが一台、ずっと止まっているのかと思っていた」

 

 

2015/4/4 萩原さんの車が見つかる

2015/4/15 萩原さんの遺体が群馬県館林市を流れる河川の川原で発見。

 

 

 

その車から死亡した萩原さんのものと思われる血の着いたジャンパーとマフラーが見つかったことから、その知人がなんらかの事情を知っていると思っていたが、6/26に萩原さんの遺体発見現場から利根川沿いに70km離れた我孫子市利根川で腐敗した遺体となって発見され、捜査は振り出しに戻っている

 

 

知人女性(43)は、2015/6/26 利根川(水深1m、川幅250mほど)で、船に乗った釣り人がその遺体を発見した。死因は溺死。

草木にひっかかり仰向け。ジャンパー・ジーンズ・両足にスニーカー。

死後2ヶ月が経過しており、顔や性別が分からないほど劣化していたが目だった外傷はなかった。

この知人女性も事件直前に「仕事を休む」と勤務先に連絡していた。

 

 

萩原さん 3/25 行方不明 4/15 遺体発見

知人女性 3/25 行方不明 6/26 発見

 

 

萩原さんと知人女性は『同業他社』(お互い違う会社の化粧品販売員)で2人とも2015/3/25に家を出たまま不明 。40代女性も家族から捜索願が出ていた。

 

 

 

二人の間で通話・メール・SNSなどで連絡をとっていた記録はなかった。

 

 



 ◆萩原さんは?

「ほがらかで明るい人。80までは仕事をするといっていて、頭も顔も面倒見もよかった」

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!