事件

2015年8月31日 at 11:42 AM

愛知県岡崎市コンビ二立てこもり事件|鈴木保人「ニートなので何か大きいことをやってやろうと思った」

2014/8/31 未明、愛知県岡崎市のセブンイレブン岡崎上和田店に刃渡り17cmの包丁をもった鈴木保人(32)が押し入り、男性店員1人を人質にとって5時間立てこもった事件。

 

当時店内には、男性店員2人がいたが、1人は逃げ出し、もう1人の店員(28)は「金はいらない。事務所に入れ。酒持ってこい!」と言われ、事務所に連れ込まれた。

 

鈴木は立てこもり中、店のワインやチューハイを堪能した。

コンビ二

 

男性店員は、警官隊突入で無事確保され、刃物を押し付けられたときに顎に傷を負うものの軽傷。

鈴木は、酒を飲んで酔っ払っていた上、左腕に自分で切りつけた跡があり、「自分の人生を悲観していた。何か大きいことをやってやろうと思った」と語った。

 

 

鈴木は無職でくすぶっていたため、このままでいいのか自分と悩んでいた模様。

毎日家にいて、両親から毎日職につかず飲酒をしているのを注意され、自暴自棄になって家で飲んだ後、まっすぐこのコンビニに向かい犯行に及んだ。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!