グルメ

2015年9月16日 at 7:11 PM

重慶飯店総支配人に学ぶ、中華料理のマナー

2015/9/16 every

 

四川コース 6480円

+マナーレッスン1080円(コース料理注文者に限り)

 

で誰でも受けられる。

重慶

 



◆前菜:バンバンジー等

回転テーブルは右回り。

主賓のところに料理を回しておき、上座から順番に料理をとっていき、全員に行き渡ったら食す

 

 

取り皿は下に置いたまま食べる。ただしご飯茶碗は持って構わない。

 

 

◆紀州梅鶏の唐辛子炒め

料理ごとに取り皿を分けて使う

 

使用した取り皿は、重ねて構わない。もちろん日本料理だとNGなマナー

 

 

◆衣笠茸とフカヒレスープ

レンゲはスプーンのようには持たず、クボミの部分に人差し指を添え、親指と中指で固定して持つ

 

スープは、具だけをまず食べて、後で汁をすすり上げる

 

 

◆正宗マーボー豆腐

ごはんの上にマーボーをかけるのは、本場でもむしろ推奨されている食べ方

 

存分に丼のように食べて構わない。

 

 

◆食後

少しだけ料理を残しておく。

満足してもう食べきれない意を表すもの。日本料理ではもちろん食べきること

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!