事件

2015年10月13日 at 6:05 PM

五反田通り魔事件|犯人の名前が公表されない理由

2015/10/13 11:20頃、品川区東五反田にあるJR山手線・五反田駅近くの路上で60代とみられる男性1人が刃渡り16.5cmの包丁で背中を刺された事件。

 

現場には包丁を持った30代とみられる男がいた。警察はこの男の身柄を確保しているが、事情聴取中で身元は明かしていない。

 

 

男「人を殺してみたかった」

五反田

 

60代男性は、駅前でタクシー待ちをしていた。

そこでいったんタクシー行列絡みのトラブルか何かの理由で、30代の男と若干の口論になった。

30代男はいったん引いたものの、現場の前にあるスーパーで刃物を購入し、60代男性のところに戻ってきて刺した。刺した後、60代男性に包丁を取り上げられたので歩いて現場を去ろうとした。

 

 

刃物を売ったコンビニの店員や、刃物を購入した男の後ろに並んでいた男性は、わけが分からずあわあわしているという。

 

 

男は、品川区に住む33歳職業不詳とまでしか公表されていない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!