事件 健康・医療

2015年10月22日 at 11:46 AM

宮城県七ヶ浜町 介護疲れ殺人事件|次女の遺書「母と出て行きます」

2015/10/20 宮城県七ヶ浜町の住宅の庭から、女性の遺体が埋められているのが見つかった事件。

遺体は佐藤かのさん(87)。

七浜

 

 

介護認定を受け介護をしていた次女・幸江(55)が行方不明になっており、「母と出て行きます。今までありがとう」という長女宛の文面が残されていた。

 

 

2015/10/15に町の職員が訪れた際には、次女は「母親は親戚の家に預けている」と話し、かのさんの姿は見えなかった。

 

 

次女・幸江は長女と2015/10/19 夜に会ったあと、連絡が取れなくなっていた。

 

長女「妹は寝たきりの母の介護で疲れていた。一緒に住んでいた弟が家を出て1人で介護しなければならず、4月ごろから寝られないと言っていた。介護疲れと金銭面でそれはもう酷かった・・」

 

 



◆佐藤幸江確保

2015/10/26 12:05 JR大館駅の長距離バス乗り場で確保された。防犯カメラの映像から追跡。

幸江は相当暴れたと言う。

 

 

幸江「頭がいっぱいでわかりません」

 

 

10/21に、2015/4から所在が不明だった兄・長一さんの遺体(後頭部の骨が折れていた。殺人と見られる)が床下から発見された件にも関与しているのかヒアリング中。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!