未分類

2012年7月4日 at 12:04 PM

「愚かな考え」–R・ストールマン氏、クラウドコンピューティングを一蹴

2008年10月1日 「愚かな考え」–R・ストールマン氏、クラウドコンピューティングを一蹴

 

誰もがクラウドコンピューティングを気に入っているわけではない。フリーソフトウェア財団(FSF)の創設者で、OSのGNUの開発者でもあるRichard Stallman氏は、クラウドコンピューティングなど「愚かな考え」であり、いずれベンダーロックインやコストの急増につながると指摘する。

Stallman氏は、Guardianが現地時間9月29日に掲載した記事の中で、「クラウドコンピューティングに関して興味深いのは、われわれはクラウドコンピューティングを再定義し、その中にわれわれがすでに行っている全てを含めてしまったことだ」と述べている。

クラウドコンピューティングとは、コンピュータ企業がここ数年提唱している概念を説明するのに用いられる新しいマーケティング用語。クラウドコンピューティングでは、演算能力の大半(時にはデータも)が、Google、Microsoft、Amazonなどの企業が管理するサーバに移される。クラウドコンピューティングの典型例は、Googleが提供するGmailだろう。

Stallman氏は、クラウドコンピューティングでは、人々は情報に対するコントロールを第三者に譲渡せざるを得ないと指摘する。Stallman氏のクラウドコンピューティングに対する異論は、同氏が昔から抱き続けてきた非プロプライエタリソフトウェアに対する信念を改めて述べたものだ。同氏は「ウェブアプリケーションを使ってコンピューティングを行うべきではない理由の1つは、ユーザーが管理権を失うことだ」とし、さらに「これは、プロプライエタリプログラムを利用するのに等しい」と付け加えた。

「コンピューティングは、自由を尊重するプログラムを使って、自分のコンピュータ上で行うべきだ。プロプライエタリプログラムを使ったり、他人のウェブサーバを使ったりすれば、無防備な状態になる。ソフトウェア開発者の管理下に置かれたも同然だ」(Stallman氏)

Stallman氏は、クラウドコンピューティングは業界のこけおどしにすぎないと切り捨てる。「馬鹿げている。いや、それ以下だ。これは派手な売り込みキャンペーンにすぎない」とし、さらに次のように続けた。「(クラウドコンピューティングへの流れは)必然的なものだと言う人がいる。仮に誰かがそう言っていたら、それを実現しようとする企業のキャンペーンである可能性が極めて高い」

——

 

ファーストサーバーのデータ障害の件を予知するような記事です。レンタルサーバーを使用するということは第三者にサーバーの管理を任せることですから、サーバーサービス提供会社をある程度信じるしかありません。

 

もちろん、はじめから疑ってかかる危機意識は必要です。大抵のサーバーサービスでは、上述の記事のとおりユーザー側に許されている操作(sftp/scpによるファイル転送、管理コマンドの実行、バックアップ[DBやグループウェアのサービス一時停止を伴う]など)は非常に限られているケースがほとんどです。

自社で運用するのが一番自由度は高いですが、相応の技術者が必要ですし導入/運用コストも非常にかかります。オプションサービスやユーザ側の作業(契約前にどこまで操作が可能か確認する)をうまく組み合わせながら利用していきたいものです。

 

 ・「バックアップ」とは、同一筐体内のデータ退避もしくはディスクミラーリング程度だと思え

 

参考)内閣官房情報セキュリティーセンター レンタルサーバー業者におけるデータ消失事象について(注意喚起)

ファーストサーバー レンタルサーバー業者におけるデータ消失事象について 内閣官房情報セキュリティーセンター

 

参考)ホスティングサービスに関する契約約款 株式会社IDフロンティア

1.当社は、以下の事由によりお客様等に発生した損害については、債務不履行責任、
不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないも
のとします。

ホスティングサービスに関する契約約款 株式会社IDCフロンティア

 

参考)RapidSite 3重バックアップ

同一筐体バックアップ(ミラーリング)、別筐体バックアップ、テープバックアップ

参考)KDDI レンタルサーバーCPIサービス 内部バックアップサービス

内部バックアップとは?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!